スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

楢のこたつ ー制作風景ー

2014.09.12 Fri
8月の終わり頃から9月にかけて多いお問合せの一つに「こたつ」があります。
無垢の木で制作するこたつは、その性質上、天板の材種や組手の方法等、
いろいろ気を使いながら制作をしていくのですが、決して出来ないわけではなく、
むしろ当工房では比較的スタンダードな物の一つです。

その制作工程は時に数十ににもおよび、本日はその工程のほんの少しではありますが、 
御紹介したいと思います。      

天板の木端の平面出し状況です。
スコヤで直角を確認しながら鉋で仕上げていきます。
koba_kannna.jpg

天板の鉋がけです。
裏も表も丁寧に引いていきます。
tenitakannna.jpg

脚部材のホゾ加工状況です。
二枚二段ホゾという仕口です。
buzai_siguti.jpg

上記のホゾを組み込む為のホゾ穴です。
asi_kumite.jpg

部材も一つ一つ鉋がけしていきます。
buzai_kannna.jpg

こたつのヤグラ部分を組上げ(組立)ているところです・
kumitate.jpg

二枚二段ホゾで組まれた仕口です。
sitakadai_karigumi.jpg

耐熱ボードや、こたつ用のヒーターを設置しているところです。
kumitate_02.jpg

正方形のスタンダードな形から、長方形、円系、楕円形等、形は様々に対応しております。
昔のようにヒーター部分が出っ張る事がないので、
夏は普段使いのローテーブルとして御使用いただけます。

御入用の際は、お気軽にご相談下さい。



カテゴリ:工房 - new ! | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

樺の足付き皿

2014.08.15 Fri
主人のブログ「森記」にも書かれていましたが、
現在工房では、家具の制作と同時進行で、小物の制作に追われています。

osara_horru.jpg

写真はオーダー頂いている樺の足付き皿を制作しているところです。
「朝食等の時に、2人分のパンを乗せるぐらいの大きさで」
がコンセプトのこの足つき皿。
お陰様でとても評判がよく、お店に出せば売れてしまいます。

こちらが完成形。
sara_03.jpg

詳細です。
sara_02.jpg

波彫りバージョンもあります。
sara_01.jpg

現在在庫切れですが、その他の作品の制作状況と調整をとりながら随時制作をする予定です。
少しお時間をいただきますがオーダーも承っております。
詳細等、お気軽にお問合せ下さい。

カテゴリ:工房 - new ! | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

樺の学習机

2014.07.18 Fri
現在工房では、小物類の制作と並行して、樺の学習机の制作を行っています。
写真は抽斗部分の背板を設置しているところです。

gakusyuudesk.jpg

学習机のオーダーに関しては毎年、秋の終わりぐらいから年明けの1月中ぐらいまでの期間に
お話をいただく事が多いのですが、今回は少し早めに御注文を御検討いただきました。
取手はブーベット社製インゴットハンドル。
ご本人が選んだかわいらしいデザインの取手です。

完成がとても楽しみな一台です。


カテゴリ:工房 - new ! | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

チェリーの仏壇

2014.06.15 Sun
現在工房では、チェリーの仏壇の制作に入っています。

本年度、仏具類の制作は、これで2台目になります。
春に納めたものはワンちゃん用のメモリアルキャビネットでした。

そして今回のチェリーの仏壇。
コンセプトは、「シンプルで美しい」です。

top_14_6_15.jpg

写真は墨付けの様子。
仕口も「あられ組み」で美しく。

それにしてもいつも思のは、仏壇の墨付けの複雑なこと。
中に2段も3段も須弥壇が入って、抽斗や、引き出し式の天板等が
仕込まれる事の多い仏壇。
1つ1つの作業すべてにおいて気が抜けません。

毎年数台ずつ制作している仏具類ですが、
どれもオーダー物である為か、一つとして同じものはありません。

今度の仏壇はどんな形に仕上がってくるのか、とてもとても楽しみです。




カテゴリ:工房 - new ! | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

タイムくん(置時計)増産中

2014.05.04 Sun
現在工房では、ブラックウォールナットのウィンザーチェアの制作と同時進行で、
「タイム君」というなんとも80年代な名前の置時計の制作をしています。

この置時計、今回はお子さんの一歳のお誕生日に御両親からプレゼントしたい
という御要望にお答えして制作をしています。

そういえば、工房をオープンして間もない頃、初めてオーダーをいただいた
お客様も、産まれたばかりの孫に贈りたい。という内容でした。

time_01.jpg


完成するとこんな感じです。

time_02.jpg

それから予想に反してといいますか、今までかなりの数を制作してきました。

time_03.jpg

やはり、自分のお子さんやお孫さんに贈りたいという理由が圧倒的です。
御要望があれば日付やお名前入れも致します。
是非お声がけ下さい。

time_04.jpg

二人のお孫さん用に2台作りました。


カテゴリ:工房 - new ! | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。