まさかのクワガタ

2014.06.15 Sun
さて、これななんでしょう。

14kuwa01.jpg

正解は、
昨年の夏、クワガタが朽木に産んだ卵がかえり、
中で幼虫がむしゃむしゃとその朽木を食べ、食べながら移動を
する際に自らが掘ったトンネルにそのむしゃむしゃしたものが
詰まっている。(んー。わかりずらいか。これでいいでしょうか師匠(主人の事です)!)
です。

14kuwa02.jpg

これが、ノコギリクワガタの幼虫と朽木の中の様子。

14kuwa03.jpg

1枚目の写真の白っぽい部分はこんな感じの塊でした。

で、なんでせっかく卵がかえった朽木をこんな風に壊してしまうんだ!
と、何も知らない私が怒り気味で訊ねると、
「狭いケースの中で何匹も幼虫がかえってしまうと共食いをしてしまうので、
それぞれ専用の飼育瓶に入れてやるんだ。」
とのこと。

去年つかまえたクワガタ達がケースの中で
見事に越冬していただけでも驚きだったのですが、
その子孫たちががこうして元気にかえっていた事は私の中で、
まさにアンビリーバボーな出来事だっただけに、
ただただ驚いてしまいました。

けれどももっと凄いなーと思ったのは、主人が、
「多分このケースの中で3,4匹は産まれてるな」
と、予想をし、それが的中していたことでした。
んーーーすごい。。。

特製飼育瓶準備中。
14kuwa04.jpg

無事、投入(1匹目)。
14kuwa05.jpg

現在、4個の瓶の中で、皆、すくすくと育っています。


カテゴリ:那須の暮らし - new ! | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |
<<CRAFT DE BLUNCH 展 | ホーム | チェリーの仏壇>>

コメント

name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://nasusiki.blog.fc2.com/tb.php/185-79f4a8d0